今、購入したい端境期モノは?

{8B72A014-AACF-4FC5-8D00-BD195EC8BD48:01}

写真はページボーイのオフタートル風にアレンジできるスヌード付きニットベストキラキラ
暑い時期はベストのみで、肌寒くなってきたらスヌードをつけたり、スヌード単品を他のアイテムとコーディネートしたりと、様々な着こなしが楽しめる音譜



着回し力があり着用期間が長く、夏~秋の端境期に買っても損はない秋物として打ち出されるらしい。



価格に関係なく、いま欲しい物、必要な物だけを見極めるシビアな消費者に向け、明確な〝売り〟をアピールしての登場~ひらめき電球



端境期モノはオールシーズン着用できるもが出てくる季節。夏モノのカーディガンと合わせることのできるモノだと、尚更よいねドキドキラブラブ















切りっぱなしのモダンなライン

{6AEA9F20-D670-4FB7-9A72-C33ACB80921A:01}
写真は先日、恵比寿で行われたシューズ・フロム・イタリー展(イタリア大使館貿易促進部主催)に出展されたもの。

切りっぱなしのアッパーで、革の質感に重きを置いたデザインが多かったそうです。



{C56E74B5-3A8D-4940-B455-B798ACC60ACF:01}



天然素材の上質エレガンスでシンプル志向が高まっているからこそのデザイン。
ステキですねキラキラキラキラ

ですがコレ、残念ながら2016年春夏コレクションもので、商談用の展示会の商品なのです~
でもねひらめき電球今年もチラホラこのようなデザインは出まわっているので、気に入った方は是非探してみて下さいませニコニコ

{B8B8D42B-C847-4FC3-8297-D016E856DF6D:01}

魔法のスタイリング

ふと、昔のことを思い出したのでブログに書いてみようと思いまして。。。

ちょっとおバカっぽい私の世界観のお話で、
パーソナルスタイリストを始めて1年くらいたった頃に感じていたことです。
その当時は“カラースタイリング”というメニューも扱っていました。
カラースタイリングとは、私が勝手に生み出したスタイリング方法で、主にユ○クロさんを利用させていただき、様々な色でコーディネートを楽しむスタイリングです。
(以前のユ○クロさんの商品は形がシンプルなものが多かったのですが、カラーバリエーションがとても豊富でしたので)
色ってとても不思議なもので、人の中にある雰囲気をモロに引き出してくれるのです。
しかも一つ一つの色で引き出されるものも違ってくるのです。
男性性や女性性、ワイルドな野生的な雰囲気や、チンピラっぽい雰囲気や、すっごく清楚な感じ、魔女っぽい感じ、霊的能力が開花するような色、透明感が出る色、色気、元気さを引き出す色、肩の力を抜くことができる色など。。。
あげたらキリがないのですが、とにかく人の中にしまってある雰囲気を引き出しちゃうのです。
奇妙だなと思いつつも、次第に興味がそそられていきこのスタイリングの面白さを覚えていったのでした。
(引き出されるものはその人の中にあるもののみで、もともと持ち合わせていないものは引き出せません。)
初めはただ、似合う色と似合わない色をお客様に認識していただきたいがためにやっていたことだったので、内側にしまってある雰囲気を引き出すことを意図してやっていた訳ではありませんでした。
このカラースタイリングを繰り返していくうちに精度があがっていき、引き出されるものがより鮮明なものへと変わり、ご好評いただける1番の人気メニューとなっていきました。
初めは単色でしか内側にあるものを引き出せなかったのですが、次第に普通の洋服でもできるようになっていき、今現在は生地感や素材、形やデザインなどでも引き出せるようになりました。
初めはね、何でこういう引き出すスタイルのスタイリングができるのかよく分かっていなかったのです。
感覚的に無意識で自然にやっていたものですから。。。
なので、「私は洋服を使うと人の中から魅力を引き出せる“魔法使い”なんだ!」と本気で思っていました 笑
魔法使いならぬ、洋服使い~音譜と。
今から思うと、とても痛い人だったということが自分でもよく分かります。
でも当時もどこかで痛い自分だということは分かっていたのか、人にこのことを話したことはありません。恥ずかしいということが何となく分かっていて話せなかったのです。
こんな恥ずかしい側面もありましたが、次第に自分のやっているスタイリング方法がどういうものなのかを少しずつ理解していきました。
よくよく観察していったら、
本当は奇妙なことでも不思議でも魔法でもなんでもなかったのです。
ごく普通の当たり前の自然な現象だったのでした。
ただ単に人の内面と洋服とが共鳴する、色や素材・形などがあるというだけです。
その共鳴現象が雰囲気として醸し出され、キラキラ生き生きと輝きを放つだけなのでした。
でも、この内面と洋服をマッチングさせる作業は、やはり感覚的な技術のいることなのかなとは感じています。
その方の中にある性質・気質への理解と、洋服が持っている性質への理解、深い部分にあるものなのか浅い部分にあるものなのか、どのように触れると変化するものなのかなどへの感覚的な理解が必要なのかもしれません。
んー (ー ー;)
何か理解とも違うかもしれない☆
理解という部分もあるかもしれないけれど、マッチングできているか・共鳴しているかどうかに気づけるかどうかなのかもしれない。
何はともあれビックリマーク
このカラースタイリングが私のスタイリング手法の原点となったのでしたニコニコ

“慣れ”の果てに見えるもの

“成れの果て”とかけてみました 笑

衣料品分野では消費動向が変わってきているようですよひらめき電球
以前ブログにも書きましたが、“本物や本質志向”に変化してきているようです。
ファストファッション発展などの影響により衣料品が市場に多く出まわり、リーズナブルで手に入りやすいため食傷ぎみになってきていることが、変化のきっかけとなっているようです。
ファッション業界では手を替え品を替え、様々な販売戦略を模索中の模様あせる
そんな流れも手伝ってか、サスティナブルファッションなど人や環境に優しいものなども発展してきているようです。
人はやっぱりステキな方向へ向かって進んで、ステキに成長していくようにできているんだな~とちょっと感動していますキラキラ(^^)キラキラ
皆様が本当にステキ洋服たちと出会えますようにラブラブ

昨日はスタイリスト養成コース♪

昨日はスタイリスト養成コースの日でしたドキドキ

ベースコーディネートへの理解をすすめるため、デパートにて服装のジャンル分けトレーニングを行いました。
そんな中、よくよく見ていくと。。。
ベーススタイルにあたるものが余りないことに気づきました。
昔はいっぱいあったのに~あせる
洋服の幅が拡がりをみせていて、拡がった部分がクローズアップされているのです。
確かに、拡がった部分の方がぱっと見で見映えがするので、売れゆきはよいとは思うのですが、ベーススタイルのものもあった方がいいのになぁと感じています。
ベーススタイルを着こなせるようになると。。。
1.地に足がついた“ちゃんと着る”ができるようになりやすい
2.1ができるようになると着崩し方が理解できるようになり
3.2ができるようになると、そこから展開をさせられるようになる
そもそも、ベースものは展開させやすく、着回しがしやすいのでオシャレ感も出やすいラブラブ
楽しみ倍増~音譜
ベーススタイルは一見地味に映りますが、着こなせるようになるとワンランク上のコーディネートが楽しめるのですニコニコチョキ

服装から得られる意外なものに驚き☆ スタイリングご感想

お客様よりご感想をいただきましたドキドキのでご紹介ですニコニコ
今回のお客様は様々な側面でとても洗練されているステキなお客様でしたキラキラキラキラ
服装には余り興味のないご様子でしたが、仕事でのコミュニケーションツールとして必要ということでいらして下さったようです。
事前カウンセリングでは、素晴らしいご自身にもお気づきになられたようで、とても嬉しく思います音譜
以下ご感想になります。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Rieさま、
先日はありがとうございました。
保留にしたスカート、結局買いました。着たことのないタイプの服なので、楽しみです。
カウンセリングでは、これまでの洋服との関わりの話+αだけからこんなに色々なことが読み取れるんだ!と衝撃でした。
色々腑に落ちた部分とともに、ご指摘いただいた長所(?)は自分について全く信用していない部分だったので、そういう要素もある、と言っていただいて嬉しかったです。
お洋服についても、事務用品のような扱いではなく、もっと大きなポテンシャルを持った存在として、改めて向き合い直してみたいと思います。
転職のバタバタが落ち着いたら、またお願いできればと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。
蒸し暑い日が続きますが、お元気でお過ごしください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
M.Y様 30代後半 女性
様々な側面において洗練されている方でしたので、服装も洗練されたものがお似合いになるという状況でした。一気にそこにゆくのは難しいことなので、先ずはここからビックリマークというステップから取り入れていきました。
未体験ゾーンの服装を無理なく、かつ楽しめる要素を入れつつ、それでいてステキな演出ができるコーディネートをチョイスしてみました。
ご自身でのお買い物の際も、いままでより手に取るものの幅が拡がっていくような予感がしており、次回お会いする時のM.Y様のコーディネートが楽しみです。
M.Y様お越しいただきまして、本当にありがとうございましたm(_ _)m