あなたの拘りは何ですか?

拘りと一口に言っても種類がありますよね。
拘りたくて好きで拘っている場合。
拘りたくないのに、拘ってしまう場合。
私は後者の拘りがとても強過ぎあせあせ(飛び散る汗)時間があったらあるだけ、(時には時間がなくてもあせあせ(飛び散る汗))いつまででも費やしてしまう。
自分でも疲れてしまうくらいA^_^;
けれど、結果、今現在の仕事にたどり着きました電球
さて、あなたの拘りは何でしょう?
拘りは、拘り抜いた分だけ洗練され、繊細さが増しているかもしれません。
しかもその拘りを、他の何かへ活かせるかもしれませんよるんるん
(しかも複数の事にぴかぴか(新しい))

皆さんが自分自身の名スタイリストになる為に!

ちょっと洋服のテイストを変えてみようかな~るんるんと思いたって、自身でチャレンジコーディネートをした経験ありますか電球
それでも結局、無難なコーディネートで留まったり、
少しズレてる感が残って不安を抱いたり、
着こなせていなかったり、
なかなか自分の魅力や個性を活かせてなかったり、上手く引き出しきれていなかったり。
と、いう結果をもたらした経験はありませんか?
そんな方へ!
そもそも、自分が着たいと思っている洋服とはどんな洋服でしょう?
自分の魅力・個性を活かす洋服とはどんな洋服でしょう。
引き出すにはどういうものをチョイスしたら良いのでしょう。
自分が喜んで着れる洋服とはどんな洋服でしょう。
そこがわかると、コーディネートしやすくなりまするんるん
が、数年間続けてきた洋服の選びクセは、お一人でのチョイスを阻んできます。
『これ、自分のテイストじゃないよな…』、『この部分は良いけど、ここがイマイチたらーっ(汗)』などと、即座に却下exclamation & questionの判断をしてしまいがち。
実は本当は似合っているのに。
本当はこの洋服が魅力を引き出しているのに。
本当は…を知って下さいあせあせ(飛び散る汗)
本当は…を自分に問いかけてみて下さい電球
そして客観的な目線で見ると、新たな自分が見つかりますぴかぴか(新しい)
そしてキラキラ、しっかりと、ステキに輝いていきますぴかぴか(新しい)
そしたらあなたは、あなたの名スタイリストにぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
イマイチ自身のない方は私に任せてハート
名スタイリストといざないますぴかぴか(新しい)